時代と共に形状変化

雛人形

雛人形は、3月3日の行事に必要なアイテムです。桃の節句に雛人形を飾り付けて災いや病気から女の子を守る事を願う行事です。桃の節句は、中国から伝わったお祓いの行事でした。水辺に集まって、手足を水で洗ってから、体を洗う行事でした。水の力により、体を清めて災いや穢れ、病気を洗い流すと信じられていました。日本でも近いことを行って、紙で作った人型人形を用いての儀式がありました。人形で自分の体をなでて、穢れや災いなどを人形に移してから川に流す事をしていました。その人形が時の流れにより、部屋に飾る雛人形へと変化していきました。雛人形も時代によって変化を遂げてきています。最も古いものでは、立雛というものがあります。最も古いタイプの雛人形で、紙で作られた人形です。雛人形の原型とも言われています。その他では、室町雛があります。座っているタイプの雛人形です。座ってる形式の雛人形の中では最古とされています。現在では、室町雛は現存していませんが、江戸時代の書物や絵に登場しています。

現在の雛人形は、古今雛の様式を受け継いでいます。明治時代の雛人形問屋が人形師に作らさせたのが始まりです。目には、玻璃玉や水晶をはめ込んだのも、古今雛が最初です。今までの雛人形より人間に近いものとなり始めていたのです。衣装も、色糸で施されたもので、色彩豊かなものとなっています。雛人形は、時代の移り変わりとともに変化を遂げてきています。変化はしても、桃の節供で願う事は昔と変わらないのです。